【これだけは守ってほしい!】旅行用カバンの3つの鉄則

旅行にいく期間が長くとも短くとも、
できるだけ手荷物は持ちたくないものですよね?

大きなキャリーをごろごろと引いていくのは、
行きはうきうきしていても、
帰りは結構ぐったりするものです。

荷物が重くて、観光もろくに楽しめない。

そんなことがないように、旅行用カバンは必ず2つ持ちましょう。

一つは着替えなどを入れた大きいカバン。

もう一つは、観光するときに持って出る小さめのカバンです。

小さいカバンが一つあるだけで、
大きいカバンをコインロッカーに預けて、
おもいっきり観光を楽しむことができます。

そしてもう一つ大事なことは、
大きいカバンの方にはゆとりを持って旅行にいくということ。

お土産で荷物が増えるのはもちろんのこと、
タオルなどは水分を吸い込んで、
出発前よりは若干かさが増していることがありますので、
帰る時に荷物がカバンに入りきらない、といったことがないように、
少しゆとりを持って出発しましょう。

そして最後に、カバンは必ず撥水性の高いものを選びましょう。

雨のためにせっかくの旅行が台無しにならないよう、気をつけたいところですね。