トートバックでチャック付きならば何も問題はないと思います!

旅行に行く期間によってカバンの大きさは変わっていくと思いますが、
私が旅行に持って行くカバンとして選ぶ基準としては、
必ずチャックが付いた物であることと、
マチが広いこと、
肩にかけやすい長さの持ち手であることの3点です。

それら3点を考えた時にトートバッグが一番だと思っています。

どのような旅行であるにしても、
チャック付きであることは第一の条件にあげられます。

なぜなら、旅行先は言わば見知らぬ土地になるわけですし、
財布の中身もそれなりに入っているため、
万が一、スリに遭った時などには対処できると考えているからです。

また、チャックが付いていることによって
転んだ時などに中身が飛び出してしまうことを防ぐ役割も担っています。

マチが広いことには物が増えていくことに対処できるという利点があります。

カバンの中に入る量が安定していることによって
スマートなカバンであることを保てると思っています。

最後に肩にかけやすい長さの持ち手は、
どんなに中身が増えてしまい重くなってしまっても
腕に持つよりも肩に持った方が歩きやすいということを考え、
旅行に適したカバンの条件として私なりに考えているポイントになります。

デザインや柄が可愛いからといって機能性を重視しない場合には
思わぬアクシデントに対処できない場合もありますので、
どのような旅行になるのか、
期間はどのくらいになるのかを考慮した上で選ぶようにしています。

アウトドアのリュックは機能も盛り沢山で丈夫なので使い勝手抜群です

私は旅行に行く時には、アウトドアのリュックを持って行きます。

若い頃は小洒落たミニサイズのショルダーバッグをひっかけて女子旅なんてやったりしていましたが、
子供が生まれて荷物が増えた今は断然リュック派です。

アウトドアのリュックは世界的にも有名なメーカーで種類も豊富です。

私は赤ちゃんもいる手前、
可愛さ重視でキャラクターものの卵型リュックをマザーバッグとして愛用しています。

ポケットも多く、軽くて使いやすいです。

一番気に入っているのはその丈夫さ。

赤ちゃんはママのバッグに興味津々で、
よく全力でぶら下がってきたりします。

でも肩紐部分がちぎれる事なく、
ほつれたりしません。

ジッパーもちゃんとしていて、
かみ合わせが悪くなる事もありません。

ナイロンのものは汚れにも強く洗えるので、
リュックの中でミルクがこぼれても洗ってキレイになりました。

縦型の大きいバックパッカー用のリュックも持っていますが、
外にもポケットが多くて赤ちゃんの飲み物も取り出しやすいです。

子供がいると汚したりこぼしたりですぐに
ハンカチやらウェットティッシュやらが必要になるので、
外ポケットに収納が多いのは助かります。

赤ちゃんを抱っこしていると両手が塞がってしまうので、
容量の多いバックパッカー用のリュックは旅行の時に大活躍します。